LINK
数年来、総じてどの自動車保険会社も料金釣り上げの傾向です。自動車保険が値段のつり上げをしてしまう事態が起きれば、直に私たち自身の家計にかなり大きな打撃を与えると言わざるを得ません。なぜ運転者を守る保険が値段つり上げをされるという事態になっているのか、ご存知でしょうか。主な原因として考えられることは二つ考えられます。最初に、高齢の自動車運転者が年々増えていることがあります。乗用車を所有しているのが当然の世の中になったことから、老年期の運転手も増えている傾向にあります。さらに全国的に超高齢化社会に移行しつつあるという時勢があるせいで増々お歳を召した自動車持ちが増加するようです。お年寄りのにおいては、一般的に言って掛け金がお求めやすく設けられているため自動車保険会社にとってはたいして積極的に勧誘する理由があるとは言えません。なぜなら、保険の掛金が割安なのに自動車事故を起こされてしまったとき高い補償を支払わなければならないためです。こういったケースではリスクが通常よりも上がるため保険会社の立場から考えれば掛金を高く設定するという手段で身を守るしかありません。さて、2個目の原因として考えられる事は若い世代の自動車に対する無関心であると考えられます。老齢の自動車持ちは増えているのですが逆に比較的若い年代は自動車というものに憧れを抱かなくなりつつあるのです。背景には何があるかと言いますと電車などのインフラの充実と経済事情に関わる問題なのです。収入の安定した職に就くことが難しい若い年代が多数存在するために、自家用車を買う経済的な余裕がない人も相当数いるのです。その上、経済的に余裕があった一時代前を顧みれば、乗用車を保有している事が一般人にとってのステータスだと考えられていましたが、長年の不況も影響してかそういったことがステータスなどとはとても断言できなくなってきたようです。こういった訳で、保険料金がお年寄りより採算の合わない額の若年者の保険申込者が減少しているのが今の傾向です。こうした事が積み重なって、会社も値段引き上げに向かわざるを得ないのだと考えられるのです。