毛穴の周りってなんでくすむの?

毛穴の角栓ってなに?

毛穴の角栓とは、毛穴部分の剥がれかけた角質の事です。剥がれ落ちた角質と
皮脂が混ざりあって固まったものを言います。

 

そしてこの角栓を除去するおが大変だったりします。
毛穴専用フォームや毛穴パックなどをする必要があります。

 

しつこくこびりついて取れないのが角栓なのです。
また1度毛穴ケアをしてもまた角栓ができますので毎日のケアが大事だといえます。

 

毛穴の黒ずみって取り除くのが大変
なんですけど、この毛穴の黒ずみをとる方法として有効なのが蒸しタオルを使う事です。

 

角栓をふやかして取り除いてそれから洗顔フォームで優しく洗顔するのがいいと思います。
洗顔は冷水かぬるま湯え行うのが効果的です。

 

また洗顔をした後は、保湿効果のある化粧水を使う事です。
それでも取れない場合は美顔器を使うといいそうですよ!

たるみ毛穴ケアにはプラスアルファが必要

毛穴が開く原因って知ってますか?

乾燥肌、加齢、毛穴の汚れ、ニキビ跡・・・って結構いろんな原因があるんですよ。

ですから、毛穴が気になるからってみんな同じケアしても
なかなか改善されないですよね。

原因別にそれぞれ最適な毛穴のケア方法があるので、
自分の毛穴の開きがどれになるのかしっかり把握した上で
正しいケアをしましょうね。

私の毛穴はどう考えても「たるみ毛穴」です。
30代を迎えてから急に毛穴が目立ってきたし、
毛穴がしずく型なんです。

ほうれい線とかも気になるし・・・

悲しいけど、もう加齢によるたるみで間違いないでしょ。
たるみには保湿をしっかりすることに加えて、
イオン導入器のような美顔器をプラスアルファしてあげることが
より効果的なようです。

マッサージもおすすめですが、やはり美顔器の方がオススメです。

紫外線や加齢などによって

よく30代を過ぎたあたりから、毛穴の周りがくすんできた、という話を聞きます。
このくすみ、大きく2種類に分かれます。

まず1つは、紫外線や加齢などによって毛穴が存在している皮膚自体のハリや弾力が失われることで
くすみに至るケースです。皮膚のハリや弾力が失われることによって、毛穴が開きやすくなってしまいます。
そうなった時に、皮膚がたるんでも来るため、そのたるみが影になり、くすんで見えるのです。

もう1つは、毛穴にホコリや角質がたまったり、ニキビの原因になるアクネ菌が繁殖したりすることによって
発生するケースです。それらの異物と皮脂が酸化し、防御反応としてメラニンを多く放出してしまうことで、
毛穴周辺の黒ずみになってしまうのです。

このように毛穴の周りのくすみは、くすんで見えるだけの場合と、実際に黒っぽくなっている場合の2つあり、
それぞれ理由が違っています。

毛穴の周りのくすみが、どのようなものであるかをしっかり把握して、対策を取ることが重要になります。